ABOUT

RINKとは

RINKとは、「すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク」(Rights of Immigrants Network in Kansai)の略称です。
RINKは1991年12月、外国人の人権に関心を持つ個人・NGOや弁護士、労働組合、通訳者、医療関係者、宗教関係者、部落解放同盟、在日民族団体などが手を取り合って、協力のネットワークをつくろうと結成されました。

私たちの理念は、「差別のない、共生社会の実現」です。

現在約300万人の外国人市民が生活している日本社会は、すでに多文化・多国籍社会だと言ってよいでしょう。しかし、外国人に対する入居差別や就職差別、技能実習生への不当待遇、外国にルーツを持つ子どもへのいじめなど、問題が山積みになっており、外国人の人権が保障されているとは言えません。また、戦後70年以上がたつ今日でも、在日韓国・朝鮮人などの旧植民地出身者への社会的、制度的な差別が解決されていません。
外国人の人権は、この日本社会が「人権尊重」と「国際化」を語れるかどうかの試金石です。
私たちRINKは、国際人権規約などの国際的な人権基準に則り、すべての人に基本的人権が保障され、差別なく共に生きる社会を築くために、皆さんとともに力を合わせて、大きな市民のネットワークを創っていきたいと考えています。多くの団体、個人による経験交流・共同支援の大きなネットワークの輪を創り続けたいと思います。


RINK (Rights of Immigrants Network in Kansai) was established in December, 1991. The original members were the group of people such as lawyers, labor unions, individuals interested in foreigner’s rights, NGO’s, Interpreters, Religious missionaries, Buraku liberation federation and Korean-Japanese organization, etc. who felt the utmost necessary and importance to form a network organization to be able to work together in solidarity to help and to support the every citizens in our country that of course includes to attain the equal rights for the non-Japanese citizens.

Our credo is “The society completely free from any kind of discrimination”.

All of us are well aware of the fact that having approximately three million foreign-originated citizens, Japan is clearly a multi-national country.
We, however are facing with countless issues regarding those non-Japanese citizens. Discrimination when renting a house or to find a suitable employment, lowly-treatment to those Asian technical trainees, school bullying towards the non-Japanese students, just to name a few. And last but not least, after 70 years has passed since the end of forced immigrants from Korea by former empire of Japan, we are not yet solved to end the systematic discrimination against those former Japanese-colony descendants.
To obtain the equal rights between Japanese and foreign-originated citizens can be said that this is a stepping stone for us to be able to proudly say that we are the nation of diversity and we respect every citizen’s fundamental rights.
RINK shall comply all of the international rules and regulations stipulated in International Covenants on Human Rights. We would like to establish a solid relationship and a big circular network of people powerfully working together to establish a society where we are all guaranteed to have equal human rights, and to live in a society completely free from any kind of discrimination.


RINKの活動

★ 多言語相談と同行支援事業
電話あるいは面談による相談をスペイン語、中国語、ベトナム語、タイ語、日本語で行っています。他の言語でも事前の予約があれば通訳者とともに相談に応じます。情報提供だけではなく相談者の必要に応じて入管局や労基署、役場などへの同行も行います。
相談活動を通して外国人の人権状況を把握・分析し、その改善に向けた提言へとつなげていきます。
2021年2月より、「関西地域 NGO 助成プログラム(関西 NGO 協議会・真如苑共催)」の助成事業として、日本で電話契約をしていない外国人を対象とした、オンラインによる相談(ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語)を始めます。

★「連合大阪外国人労働者なんでも相談」への協力
毎年3月末に行われる連合大阪主催の外国人労働者向け集中相談会(10言語対応)に協力しています。3日間で100件近い相談が寄せられます。2019年、2020年は秋にも開催されました。

★ 通訳者・相談員スキルアップ講座
毎年、全5回の外国人支援に関わる通訳者・相談員向けのスキルアップ講座を開催しています。通訳、医療、福祉・生活保障、家族、入管・在留資格、労働、教育の各テーマで、外国人支援に必要な基礎知識と最新の法律、制度の運用について学びます。


★ 例会
年4回(うち1回は総会)例会を開き、活動の報告とともに情報交換や意見交換を行っています。例会はどなたでも参加できます。


RINKからのお願い

★ 会員になってください
RINKは主に会費とカンパ・寄付で運営されています。ぜひ、会員になってください。
会員には会報と「今後の活動のご案内」をお送りします。
年間会費  個人 一口3,000円
      団体 一口5,000円
口座 みずほ銀行   四ツ橋支店  普通 1336816 口座名RINK
   近畿労働金庫  本店営業部  普通 4181753 口座名RINK
郵便振替 00930-9-322041  加入者名RINK

★ 外国人の人権に関心のある方は、お気軽に事務所までお越しください
月・火・水・木曜の午後2時から5時まで(火は8時まで)と 金曜の午後1時から6時まで、事務局員が在室し相談活動を行っています。
なお、対応言語は以下のようになっています。(事前にご連絡をお願いします)
月・火:スペイン語  水:中国語  木:ベトナム語  金:タイ語

事務所所在地
〒550‐0001 大阪市西区土佐堀1‐6‐3 
JAM西日本会館5F 市民オフィス内
TEL 06‐6476‐8228 FAX 06‐6476‐8229
E-mail rink☆a.email.ne.jp  (☆を@に変更して送りください。)

★ オンライン相談事業を手伝ってくださるボランティアを募集しています。応募を希望される方はメールでお問い合わせください。