News

2022年2月のオンライン相談の受付(うけつけ)を開始しています。

ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談日、2月の開催日は下記の通りです。

2月は 2月 6日(日)、 2月20日(日)、時間は 13:00~18:00 (17:00が最後の予約枠) になります。

技能実習生や来日して間もない外国人など、スマホは持っていますが、電話契約をしていない外国人が増えています。

こちらのオンライン相談は日本で電話契約をしていない外国人向けになります。

必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

ベトナム語、フィリピン語、インドネシア語でオンライン相談をします。

※2021年12月より、この事業は「公益財団法人パブリックリソース財団「移民・難民支援基金」」の助成を受けて実施しています。

2022年年初のごあいさつ

コロナ感染が終息しないなか、新たな年を迎えました。

昨年12月11日に第31回総会を開催し、2021年度の活動報告と会計決算、2022年度の役員体制、活動方針、会計予算案について事務局から報告し、参加者の皆さんに承認していただきました。

総会後の記念講演は、名城大学教授の近藤敦さんによる「国際人権から見た日本の入管収容の問題点」。国際人権基準からは程遠い日本の入管収容の実態と問題点について、分かりやすく適格な説明を聞くことができました。

昨年国会に提出され廃案となった改定入管法が、今年の国会に再度上程される可能性があります。長期収容の問題を、難民審査基準を国際標準に合わせるなどの根本的解決ではなく、強制送還の強化など外国人を排除する方向で解決しようとする改定案を通過させてはなりません。記念講演での学びを活かし、全国のネットワークと協力して改定入管法に反対の声を大きくしていきたいと思います。

今年も一年間どうぞよろしくお願いいたします。

オンライン相談事業の報告(2021/2~2021/10)

<実施期間>
   2021年2月~2021年10月(2020関西地域NGO助成プログラム助成金により実施)

<実施日・時間>
   毎月2日、1日5時間

<方法>
   LINE、ZOOMを利用した三者通話による相談、完全予約制

<言語>
   ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語

<体制>
   相談員2名、コーディネーター1名、広報・HP担当者1名、通訳者6名

<相談件数>
   総数 56件(インドネシア 34、ベトナム 17,フィリピン 4,イラン 1)

<相談者の在留資格>
   技能実習 32.1%、 技術・人文知識・国際業務 21.4%、 特定活動 10.7%、 留学 8.9%

<相談内容>
   在留資格 57.1%、労働 41.1%

<相談内容抜粋>

【技能実習生】

  • 3年間の技能実習が終わり、今の会社で6ヶ月の特定活動に変更した。新しい会社に転職して特定技能に変更したいが、技能実習の監理団体が書類の協力をしてくれない。
  • 建設の技能実習3号で5年目になる。最近仕事が減り、先月は5日間しか働けなかった。監理団体から他の会社に移るのも難しいので、特定活動に変更して、週28時間以内のアルバイトをしながら帰国を待つしかないと言われた。
  • 現在技能実習3年が終わり、特定活動で滞在している。1年前に仕事中足の指を骨折したが、会社は労災にしなかった。今でも痛みがあり動きにも制限がある。後遺障害の補償をしてもらいたいが、監理団体からは労災申請をするなら会社の寮から出ていくよう言われている。

【技術・人文知識・国際業務】

  • 来日後パスポートを取り上げられて返してもらえない。労働契約が明示されていない。途中退職における罰金(50万円)の合意書を書かされた。
  • 昨年3月大学を卒業し、旅行会社から内定を受けて在留資格も「技・人・国3年」に変更、5月に入社予定だったが、入社までの一時帰国中にコロナ禍に見舞われ、内定も取り消しになった。11月に再入国でき、現在就職活動中であるが、在留資格が取り消されないか心配している。

【留学生】

  • 日本語学校を卒業して専門学校に入学したが、コロナ禍で帰国することにした。すでに納めた学費は返してもらえると聞いていた。しかし、最近連絡があり、自主退学した場合は返金しないということだったので納得がいかない。
  • 留学の在留資格が切れてしまった。在学中であるが、授業料60万円が支払えず身分が凍結されてしまっている。学校には在留期間の延長について相談したが、何もしてくれなかった。

★この事業は(公財)パブリックリソース財団の移民・難民支援基金の助成を受け、2021年12月より1年間継続する。

2022年1月のオンライン相談の受付(うけつけ)を開始しています。

ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談日、来年の1月の開催日は下記の通りです。

1月は 1月 9日(日)、 1月23日(日)、時間は 13:00~18:00 (17:00が最後の予約枠) になります。

技能実習生や来日して間もない外国人など、スマホは持っていますが、電話契約をしていない外国人が増えています。

こちらのオンライン相談は日本で電話契約をしていない外国人向けになります。

必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

ベトナム語、フィリピン語、インドネシア語でオンライン相談をします。

※2021年12月より、この事業は「公益財団法人パブリックリソース財団「移民・難民支援基金」」の助成を受けて実施しています。

2021年12月のオンライン相談の受付(うけつけ)を開始しています。

ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談日、11月の開催日は下記の通りです。

12月は 12月12日(日)、 12月26日(日)、時間は 13:00~18:00 (17:00が最後の予約枠) になります。

技能実習生や来日して間もない外国人など、スマホは持っていますが、電話契約をしていない外国人が増えています。

こちらのオンライン相談は日本で電話契約をしていない外国人向けになります。

必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

ベトナム語、フィリピン語、インドネシア語でオンライン相談をします。

※2021年12月より、この事業は「公益財団法人パブリックリソース財団「移民・難民支援基金」」の助成を受けて実施しています。FacebookTwitterEmail

RINK第31回総会&記念講演のお知らせ

日頃はRINKの活動にご支援・ご協力ありがとうございます。

さて、きたる12月11日にRINK第31回総会を開催します。

今年3月に、名古屋入管でスリランカ人女性が死亡するという事件が起き、入管収容施設内での被収容者への人権侵害に対する批判の声が高まるなか、政府は上程していた入管法改定案の成立を見送らざるをえませんでした。しかし、来年の通常国会には再度上程されることが予測されます。私たちは送還体制の強化によって収容問題を「解決」しようとする法案に対して、反対の声を大きくしていかねばなりません。

記念講演では、名城大学の近藤敦さんに、入管収容の問題点を国際人権基準等の観点からお話ししていただきます。

総会は会員に限らずどなたでも参加できます。ぜひ多くの方がご参加いただけますようお願いいたします。
オンラインでも参加できます。

RINK第31回総会&記念講演

第1部:RINK総会(13:30~)
第2部:記念講演(14:30~)
 「国際人権から見た入管収容の問題点」講師:近藤敦さん(名城大学法学部教授)

日時:12月11日(土)13:30~16:30
場所:エルおおさか5F研修室2
(大阪メトロ・京阪天満橋)
参加費無料、来場は予約不要です。

オンライン参加希望の方はメールでお申し込みをお願いします。
締め切り:12月8日(水)

主催・連絡先:
大阪市西区土佐堀1-6-3 JAM西日本会館5F RINK
TEL:06-6476-8228 
FAX:06-6476-8229
Email:rink@a.email.ne.jp

※今年度のスキルアップ講座は都合により中止しました。

2021年11月のオンライン相談の受付(うけつけ)を開始しています。

ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談日、11月の開催日は下記の通りです。

11月は 11月14日(日)、 11月28日(日)、時間は 13:00~18:00 (17:00が最後の予約枠) になります。

技能実習生や来日して間もない外国人など、スマホは持っていますが、電話契約をしていない外国人が増えています。

こちらのオンライン相談は日本で電話契約をしていない外国人向けになります。

必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

ベトナム語、フィリピン語、インドネシア語でオンライン相談をします。

※この事業は、「関西地域 NGO 助成プログラム(関西 NGO 協議会・真如苑共催)」の助成を受けて実施しています。

2021年10月のオンライン相談の受付(うけつけ)を開始しています。

ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談日、10月の開催日は下記の通りです。

10月は 10月17日(日)、 10月31日(日)、時間は 13:00~18:00 (17:00が最後の予約枠) になります。

技能実習生や来日して間もない外国人など、スマホは持っていますが、電話契約をしていない外国人が増えています。

こちらのオンライン相談は日本で電話契約をしていない外国人向けになります。

必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

ベトナム語、フィリピン語、インドネシア語でオンライン相談をします。

※この事業は、「関西地域 NGO 助成プログラム(関西 NGO 協議会・真如苑共催)」の助成を受けて実施しています。

「外国人労働者のための何でも電話相談」を開催(10月8日,9日,10日)

年に2回開催している「外国人労働者のためのなんでも電話相談」の次回が10月に開催します。

フェイスブック、ラインよる相談も受け付けます。

CALL US
外国人労働者のためのなんでも電話相談
06-6949-0005
10月8日(金)、9日(土)、10日(日)
PM3:00~PM8:00

● 労働相談(ろうどうそうだん)
● 法律相談(ほうりつそうだん)
● 入管手続き相談(にゅうかんてつづきそうだん)
● 社会保険・年金相談(しゃかいほけん・ねんきんそうだん)

その他なんでも相談してください。

相談無料(そうだんむりょう) 秘密厳守(ひみつげんしゅ)
警察(けいさつ)や入管(にゅうかん)とは関係(かんけい)ありません。
弁護士(べんごし)などと会って相談もできます。

主催:連合大阪(日本労働組合総連合会大阪府連合会)
協力:RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
問い合わせ先:℡06-6476-8228(RINK)


↓チラシ (PDF) ↓

日本語/Japanese
英語/English
中国語/中文
韓国・朝鮮語/코리언
スペイン語/Español
ポルトガル語/Português
タガログ語/Tagalog
タイ語/ภาษาไทย
インドネシア語/Bahasa Indonesia
ベトナム語/Tieng Viet
ネパール語/नेपाली

の通訳があります。
(言語をクリックすると各言語のチラシが表示されます)

2021年9月のオンライン相談の受付(うけつけ)を開始しています。

ベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談日、9月の開催日は下記の通りです。

9月は 9月12日(日)、 9月26日(日)、時間は 13:00~18:00 (17:00が最後の予約枠) になります。

技能実習生や来日して間もない外国人など、スマホは持っていますが、電話契約をしていない外国人が増えています。

こちらのオンライン相談は日本で電話契約をしていない外国人向けになります。

必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

ベトナム語、フィリピン語、インドネシア語でオンライン相談をします。

※この事業は、「関西地域 NGO 助成プログラム(関西 NGO 協議会・真如苑共催)」の助成を受けて実施しています。