オンライン相談の結果報告(2021.2月~4月)

これまで3ヶ月6回にわたって実施してきたオンライン相談の結果を簡単に報告します。

相談の総数は 21件 でした。

国籍別 :インドネシア14人、ベトナム6人、フィリピン1人

男女別 :男性13人、女性8人

在留資格:「技術・人文知識・国際業務」7人、「技能実習」4人、「留学」3人、その他7人

相談内容:在留資格14、労働6、家族3、社会保障1、その他6(一人につき複数の相談有)

相談内容では、
転職したいが在留資格はどうなるかなど、仕事と在留資格に関わる相談が多かったです。
実習期間中の転職、技能実習2号から技能実習3号、技能実習から特定技能への移行についての相談では、技能実習生自身で次の受け入れ先を探すことが実際上非常に困難だという制度上の問題を考えさせられました。

2021年3月のオンライン相談の受付(うけつけ)をはじめました。

2021年3月のベトナム語、フィリピノ語、インドネシア語のオンライン相談の受付をはじめました。

 最近、技能実習生や来日して間もない人など、スマホは持っているが、電話契約をしていない外国人が増えています。携帯電話の会社が在留期間の短い外国人とは契約をしないという話も聞きます。一方、RINKをはじめ外国人向けの相談窓口は電話が中心で、少し前からRINKの相談者のなかにも電話での対応が難しい人が目立つようになっていました。

 そこで、日本で電話契約をしていない外国人向けにオンライン通話による相談を始めることにしました。

 必要な方に相談できることを教えてあげてください。よろしくお願いします。

お申し込みはここをクリックしてください

※この事業は、「関西地域 NGO 助成プログラム(関西 NGO 協議会・真如苑共催)」の助成を受けて実施しています。